異物除去

異物除去 異物除去

粒や粉体を扱う現場での金属異物の混入を強力な磁力で除去できるマグ・フィルターについての記事一覧です。

異物除去

【製品紹介】自動清掃マグフィルター ~スクレーパー式~

今回は金属異物除去に使用するマグネットにおいて最も大変な作業となる「清掃」を自動化した【自動清掃マグフィルター】を紹介します。 異物除去→清掃がインラインで行えるので ・連続生産でマグネット清掃の時間が取れない ・人がはいっていきにくい場所へ設置したい ・正直マグネットの清掃が面倒くさい といった方におすすめです!
異物除去

【マグネットコラム④】マグネットをどこにつけるべきか?乾式と湿式はどちらが優位か?

本コラムでは14回にわたって、金属異物除去を目的とした「マグネットフィルター」の情報を発信していきます。第4回は「マグネットをどこにとりつけるべきか?湿式と乾式はどちらが優位か?」です。 生産ラインではいろいろな工程を経て製品が出来上がりますが、マグネットの設置場所に関しては、生産の品質向上や検査であれば、一般的には最終工程に近いところを推奨しています。 せっかく異物を除去...
異物除去

【マグネットコラム③】マグネットを取り付ける目的

本コラムでは14回にわたって、金属異物除去を目的とした「マグネットフィルター」の情報を発信していきます。第3回は「マグネットを取り付ける目的」です。 金属異物除去目的で設置するマグネットですが、目的を細分化することにより、取り付ける場所や種類などが変わります。 共通目的:金属異物を除去したい。 何のために? ①品質確保 例えば食品工場として、マグネット...
異物除去

【マグネットコラム②】ステンレスをより除去するための多段レイアウト

本コラムでは14回にわたって、金属異物除去を目的とした「マグネットフィルター」の情報を発信していきます。第2回は「ステンレスをより除去するための多段レイアウト」です。 前項でステンレス(SUS304やSUS316など)は外部応力が加わることにより、マグネットにつきやすくなると記載しました。ただ、吸着力が弱いため、生産ラインでは後ろから材料が流れてくることにより、押し流...
異物除去

【マグネットコラム①】マグネット(磁石)で除去できるもの

本コラムでは14回にわたって、金属異物除去を目的とした「マグネットフィルター」の情報を発信していきます。第1回は「マグネット(磁石)で除去できるもの」です。 生産設備で広く使われている金属材質として「鉄とステンレス」があります。金属とマグネットの関係性として、一般的には鉄はマグネットに付く、ステンレスはマグネットにつかないと認識されています。 この認識は鉄に関し...
お知らせ

webセミナー情報

マグネット(磁選機)について、webセミナーを実施します!
異物除去

テスト機完成!マグネットの閉塞確認と実流量選定用

マグネット(磁選機)が閉塞してしまう、新設するのに処理量ダウンが心配・・・、実粉で最適な選定ができるテスト機が完成しました!
異物除去

格子マグフィルター(仮置き仕様)、納入紹介

格子マグフィルター(仮置き仕様)、納入紹介
異物除去

自動清掃型マグフィルター(アウターパイプ式)納入紹介

エアシリンダーを使った自動清掃のマグネットを納入しました。
異物除去

マグフィルター挿入ガイド

2019/4/26(金) 広報担当の尾山です。 金属異物の除去を目的としているマグ・フィルターですが、こう思ったことは無いでしょうか? マグネットをケーシングから脱着するときに擦れてしまうのは、摩耗粉が発生してしまうのではないか・・・? ケーシング、マグネット表面、いずれもステンレスです。 擦れている以上、可能性が無いとは言えません。 特に液体用の高磁力マグ・フィルターは除去効率を...
タイトルとURLをコピーしました