マグネット

マグネットのご紹介

異物除去・磁選機

【製品紹介】自動清掃マグフィルター ~スクレーパー式~

ブログ担当の石本です。 今回はマグネットを使用される中で最も大変な作業である『清掃』を自動化した【自動清掃マグフィルター】を紹介します。弊社ではアウターパイプ式とスクレーパー式の2種類を製作しております。今回はスクレーパー式の紹介です。 マグネットで除去できた異物をスクレーパーで落とします。 異物除去→清掃がすべてインラインで行えるため ●連続生産でラインをなかなか...
異物除去・磁選機

【マグネットコラム④】マグネットをどこにつけるべきか?乾式と湿式はどちらが優位か?

本コラムでは14回にわたって、金属異物除去を目的とした「マグネットフィルター」の情報を発信していきます。第4回は「マグネットをどこにとりつけるべきか?湿式と乾式はどちらが優位か?」です。 生産ラインではいろいろな工程を経て製品が出来上がりますが、マグネットの設置場所に関しては、生産の品質向上や検査であれば、一般的には最終工程に近いところを推奨しています。 せっかく異物を除去...
異物除去・磁選機

【マグネットコラム③】マグネットを取り付ける目的

本コラムでは14回にわたって、金属異物除去を目的とした「マグネットフィルター」の情報を発信していきます。第3回は「マグネットを取り付ける目的」です。 金属異物除去目的で設置するマグネットですが、目的を細分化することにより、取り付ける場所や種類などが変わります。 共通目的:金属異物を除去したい。 何のために? ①品質確保 例えば食品工場として、マグネット...
異物除去・磁選機

【マグネットコラム②】ステンレスをより除去するための多段レイアウト

本コラムでは14回にわたって、金属異物除去を目的とした「マグネットフィルター」の情報を発信していきます。第2回は「ステンレスをより除去するための多段レイアウト」です。 前項でステンレス(SUS304やSUS316など)は外部応力が加わることにより、マグネットにつきやすくなると記載しました。ただ、吸着力が弱いため、生産ラインでは後ろから材料が流れてくることにより、押し流...
異物除去・磁選機

【マグネットコラム①】マグネット(磁石)で除去できるもの

本コラムでは14回にわたって、金属異物除去を目的とした「マグネットフィルター」の情報を発信していきます。第1回は「マグネット(磁石)で除去できるもの」です。 生産設備で広く使われている金属材質として「鉄とステンレス」があります。金属とマグネットの関係性として、一般的には鉄はマグネットに付く、ステンレスはマグネットにつかないと認識されています。 この認識は鉄に関し...
異物除去・磁選機

テスト機完成!マグネットの閉塞確認と実流量選定用

マグネット(磁選機)を検討したい・・・ でも何から検討し、何を基準に選定したら良いか分からない・・・ ユーザー様、エンジ会社様、装置メーカー様、 色々な立場のお客様からご相談を受けます。 マグネットの選定はエイシンにお任せください! 今日は粉体用のマグネットのテスト機が 一つ完成しましたので、ご紹介します。 格子マグネットを選定するうえで、 マグネットがラインを邪魔する...
異物除去・磁選機

格子マグフィルター(仮置き仕様)、納入紹介

格子マグフィルター(仮置き仕様)、納入紹介
異物除去・磁選機

自動清掃型マグフィルター(アウターパイプ式)納入紹介

2019/8/16(金) 広報担当の尾山です。 マグフィルターを設置されているユーザー様で最も手間になってしまうのが清掃作業ではないでしょうか。 ただ、自動清掃型は予算が・・・というお声も耳にします。 今回製作したのは自動清掃型と書きながら、掃タイミングは人が操作するタイプです。 動作は下記youtube動画をご覧ください。 今回納入させていただいたお客様は...
異物除去・磁選機

世界最高の磁力

2018/10/9(火) 広報担当の尾山です。 意味深なタイトルをつけましたが、弊社が更に高磁力のマグネットを開発したわけではありません。 先日ネットニュースを見ていると、ある記事が目に入りました。 世界最高1200テスラ!超強力磁場が実験室の扉を爆破!東大 磁力やテスラという文字を見ると、職業病のように興味を持ってしまいます。 内容はリンク先をご覧ください。 さすが東大...
異物除去・磁選機

製品プレゼンテーションについて

2017/6/12(月) 岡山営業所の尾山です。 少し前になりますが、ある大手食品関係のユーザー様向けで自社製品である、マグネットのプレゼンテーションをさせていただきました。 あがり症の私は、実はスーツの中が汗だくになりながら、お話しをさせていただきました。 一言にマグネットと言っても、実はなかなか奥が深いもので、今回は主に、取扱の注意点、設置検討の留意点などを1時間強くらいの時間で、...
タイトルとURLをコピーしました