混合機

混合機 混合機

ラボ用のタンブラーラボから生産用の大型のドラムシェーカーまで、混合機製品の納入例やテスト、展示会のお知らせなど、株式会社エイシン(本社広島)にて販売している様々な用途に対応できるミキサーについてのブログ記事一覧です。

混合機

【無料】ポンプ分解から組立のコツまで1人ずつレクチャーします。

【無料】ポンプ講習会を行いました【広島】 イワキTCシリーズを新規購入頂いたお客様で ご購入頂いたタイミングで現場のお客様に講習会も合わせて行いました。 実際に一人ずつポンプを分解から組立まで行い、コツをレクチャーしている様子 ポンプを全て分解した状態 お客様のご感想は「1人1人実際に触って分解から組立までレクチャーして頂けるので、勉強になった」と嬉しいお言葉を頂けました。 話...
混合機

容器回転型混合機が苦手なもの

一つの混合機で、何でも均一に混ざれば良いのですが、 どんなものでも得手、不得手があります。 今回はタンブラーミキサーをはじめとする、 容器回転型混合機全般の苦手なものと、その対策をまとめました。 ①凝集性がある粉体 ダマになりやすいものです。 材料にダメージを与えない、ソフト混合がメリットですが、 反対に、崩す力はありません。 対策としては、チョッパー付きを使うことです。 混...
タンブラーミニ

【事例紹介】プロテインの混合テスト

プロテインの混合テスト紹介です。少量多品種製造に適した製品ですので、いろいろなフレーバーのプロテイン製造を検討されている方は是非ご覧ください。
混合機

【テスト紹介】いろいろあります、テスト用資材。

今回は弊社にあるテスト資材を紹介します。 テスト機のラインナップはこちらをご覧ください。 ●混合機用容器 ・ステンレス容器:10L/20L/36L/45L/65L/100L/200L/30LV型容器 ・樹脂ドラム:25L/30L/60L/120L/200L ・透明容器(20L) ・200Lステンレスドラム(羽根つき) ・フッ素樹脂コーティング容器(10L) ・下抜...
混合機

混合機の基礎知識

混合機(ミキサー)とは何か?どんな種類があるか?それぞれどんな特徴があるか? どんな目的で使われるか?ご紹介します。
ミキシングラボ

【納入事例】サイドフェンスがマグネットで脱着!ミキシングラボのご紹介

ダマを解砕しながら混合ができる「ミキシングラボ」の安全柵紹介です。 ミキシングラボは容器を取り付ける都合上、前扉と側面を開ける必要があります。 従来の側面カバーは差し込むように取り付けていましたが、 その場合どうしてもスペースを取ります。 そこで今回は側面をマグネットで取り付けました。 側面扉を外せるので開閉にスペースを取りません。 側面にセンサーを取り付けており、扉が外れていると...
タンブラーミキサー

から揚げはお任せください!

から揚げ業界に新規参入!・・・というわけではありません。。 から揚げ屋さんのお手伝いをさせていただいています。 今回は毎日毎日、手作業で大量の唐揚げの仕込みをしてるお客様から、 日々の作業を楽にしたい!とテスト依頼をいただきました。 タンブラーミニの36L容器に鶏肉を約15㎏とタレを入れます。 1分混合 問題無く混ざっています。 これに片栗粉を投入 1分後 容...
タンブラーミニ

【納入事例】タンブラーミニエアパージ仕様のご紹介

お客様のご希望に沿ってエアパージ仕様を作りました。珍しい仕様なのでご紹介いたします。 圧力計を設置し、圧力を監視できるようにしております。 痒い所に手が届く、細かい仕様変更も弊社の特徴です! 「もっとこうしてほしい」「ここはこうならないか」そんな声をぜひお問い合わせください! 執筆担当:営業2課 石本
タンブラーミキサー

【納入事例】混合後のハンドリング改善!タンブラーミキサー特注機紹介

混合後に容器を吊り上げらるようにすることで、容器をそのまま次工程に使えるようにしました。
タンブラーミキサー

【納入事例】1台で複数容器の混合に対応!容器兼用仕様の紹介

容量の違う容器を1台の混合機で兼用できます。将来的なスケールアップや研究等、様々な場面で活躍しています。
タンブラーミニ

【納入事例】複数容器を同時撹拌!タンブラーミニ特注ホルダー紹介

小分けされた複数容器を同時に撹拌できます。液体の撹拌におすすめです。
タンブラーミニ

【検証テスト紹介】容器回転数によってペレットの動きは変わるのか?

エイシン検証テストシリーズ第一弾! 今回は容器の回転速度によって、容器内の原料の動きはどう違うのかを検証しました。 ちなみに今回のテストで使用した透明容器は貸し出しも可能ですので、興味のある方はお問い合わせください。 低速回転だとペレットの動きが遅いため混ざり切らない動きでした。しかし、高速でも動きが速すぎるため、回転の遠心力で混ざりにくい様子でした。 30~45rpm程度が一番動...
タイトルとURLをコピーしました