【テスト検証】しずく型マグネットで堆積を防止しよう

粉体がマグネットの上に積もってしまう、
こんなお悩みがありませんか?
過去にもエアパージなどで、解消方法を紹介してきましたが、
今回はマグネットの形状そのものを工夫した、「しずく型マグネット」をご紹介します。

まず、粉が堆積したままだと、どんな問題が発生するかですが、
①閉塞の可能性、②除去効率も落ちる傾向にある。ということで、
出来る限り堆積はさせたくありません。

しずく型がどれくらい効果があるか、
通常のマグネットとの堆積具合の違いをテストしてみました。
粉は薄力粉を使用しました。

 

左がしずく型で、右が通常のバーマグネットです。
しずく型は通常のバーマグネットより、真上部分の堆積が少なくなります。
比較動画もご確認ください。

上記のように、堆積でお悩みの方には、おすすめしたいしずく型ですが、
磁力の面で注意事項があります。
通常のバーマグネットが円周上に1.2Tが出せるのに対し、
しずく型は先端部0.3T、側面部0.7T、底面部1.0Tとなります。

1.2Tなどの磁力が高いほうが除去効果があるのか、
しずく型で堆積を防止したほうが良いのかは、
粉の性状、狙う金属粉の磁性具合で変わるため、
実粉でテスト検証されるのが間違いありません。

なお、堆積対策にはエアパージで飛ばしてしまう方法
ロータリーマグフィルターで物理的に落とす方法もございます。
しずく型を含め、いずれもテスト機がありますので、比較試験も可能です。

堆積にお困りのお客様は是非ご相談ください!

執筆担当:尾山

タイトルとURLをコピーしました