チョッパー付きミキシングラボの分散テスト結果

チョッパー付きミキシングラボと、タンブラーラボ
混合結果に大きく差が出たテスト結果をご紹介します。

原料は水酸化アルミニウム(白)と顔料(赤と黄)です。

投入時

タンブラーラボの5分後

スコップで少し伸ばすと、顔料が出てきます

それに対して、ミキシングラボ5分後

同じ配合とは思えないくらい、しっかりと色が付き、顔料が分散したことが分かります。

改めてミキシングラボの動作紹介

容器を揺動させながら、自転させながら、
チョッパーで混ぜ合わせるという、複合的な動作をしますので、
容器固定式の高速羽根式混合機と比較して、
死角なく、きれいに、早く混ぜることができます。
(付着を除けば容器の隅に滞留するものもありません)

タンブラーなどの容器回転式混合機と比べると
均一にしっかり混ざります。

社内テストは無料で実施しますので、
ぜひ、まずはテストのご依頼から、お待ちしております。

お問い合わせはこちら

執筆担当者:尾山

タイトルとURLをコピーしました