下部排出型ドラムミキサー納入紹介

営業ブログ

2019/6/7(金)

 

広報担当の尾山です。

市販容器を回します!というのが弊社の強みですが、

今回のお客様は基本的には取り外さず、

下部で別容器で受けるというご要望だったため、

ご希望の通り、製作しました。

材料はセラミック系の粉体混合です。

下部は回収容器で混合材料を受けるということで

指定寸法分とったので、結構背が高くなりました。

材料投入は踏み台などが必要です。

本体自体を昇降するタイプも製作可能ですが、

ご予算との相談となります。

 

投入や混合は、傾斜させて使用します。

ドラム缶サイズが高い位置で回転すると迫力があります。

 

V型混合機やダブルコーンも共通して言えることですが、

容器回転型混合機は材料の動きが大きいので、

短時間で大雑把に混ざることが可能です。

 

今回の仕様とは異なりますが、

ドラム缶ですと、ドラムポーターなど市販の搬送機も使え

ハンドリングもやりやすいです。

 

今回の仕様ですと上流から材料を投入し、混合し、

下流へというバッチ連続の形もラインとして組めます。

 

お客様のご用途に合わせて、使い勝手を打ち合わせしましょう!

 

 

その他営業ブログ記事:http://kk-eishin.jugem.jp/

エイシンホームページ:http://www.kk-eishin.co.jp/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました