ペレット用タンブラーミニ納入紹介

2019/6/30(日)

広報担当の尾山です。

以前、樹脂ペレット+粉末顔料の混合テスト 動画という記事を書いた際にこのユーザー様から特注仕様のタンブラーミニ注文をいただいているとご紹介しましたが、納入しましたのでご紹介します。

最近のブログ記事で良くご紹介するパターンですが、下部をコーン形状にして、そのまま排出できるようにしています。
混合後、そのまま射出成型機上にセットして、シャッター弁を開けて成形機に投入します。
飛散もありません。
 
今回のポイントはこの特殊形状の容器とバルブにはお金をかけ、本体はできる限り標準設計から変えず、コストを必要最低限にしたところかと思います。

弊社ラインナップ内では最安価のタンブラーミニTMC-20ですが、アナログタイマー、原点停止無し、回転数可変無しという回って一定時間で止まる、という最低限の機能の機種です。

これをできる限り手をかけずに、この容器を付けられるようにしました。
お客様からも意見をいただいたのですが、結果的に、いつも底面を置く板に対して、ひっくり返して蓋を置いて、傾斜部を支えてやろうという設計になりました。

お客様にはひっくり返して取り付けるという、一手間をかけていただくことになりましたが、何に一番ポイントを置いているのかを相談しながら、できるだけご希望に沿った提案を心掛けています。

納入後に訪問させていただき、次の開発テーマもいただき、検討進行中です!

お気軽にご相談ください

エイシンホームページ:http://www.kk-eishin.co.jp/

 

タイトルとURLをコピーしました