マグフィルター挿入ガイド

2019/4/26(金)

 

広報担当の尾山です。

 

金属異物の除去を目的としているマグ・フィルターですが、

こう思ったことは無いでしょうか?

 

マグネットをケーシングから脱着するときに擦れてしまうのは、

摩耗粉が発生してしまうのではないか・・・?

 

ケーシング、マグネット表面、いずれもステンレスです。

擦れている以上、可能性が無いとは言えません。

 

特に液体用の高磁力マグ・フィルター

除去効率を考慮して、クリアランスが狭く、

また長く使うとケーシングも磁性化するため、

挿入時にマグネットがケーシングに引き寄せられます。

 

そこで今回の挿入ガイドのご紹介です。

マグネットを差し込む前に、ケーシングに取り付けておいて

その後、すっと差し込みます。

動画を見ていただくと分かりやすいでしょう。

どうしても最後に、ガイドを外す必要があるのと、ガイドの長さが短いため、

100%、マグネットとケーシングの擦れを防げるかというと、

そういうものではありませんが、

摩耗粉の発生リスクの低減と、

単純に挿入時に発生してしまう、マグネット部への傷リスクの低減も効果を発揮します。

 

なお、現在お使いのマグ・フィルターにもご利用いただけます。

高磁力マグ・フィルター用は動画で見ていただいたサンプルがあり、

実際試していただくことも可能ですので、

ご興味のある方はお気軽にお問合せください!

 

 

 

その他営業ブログ記事:http://kk-eishin.jugem.jp/

エイシンホームページ:http://www.kk-eishin.co.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました