LIB開発用、体積(ガス量)測定ユニット

2019/4/24(水)

 

広報担当の尾山です。

 

取扱製品以外にも色々なご相談をいただきますが、

お客様から「アルキメデスの原理で体積を測る自動装置を作ってくれないか?」と

ご相談をいただきました。

 

アルキメデスの原理自体について、

詳細は割愛させていただきますが、

要は水の中に計測したいものを静止させ、

押し上げた水の量を重量として計測すれば、

それは体積の値となります。

(自分なりの解釈の為、間違っていたらすみません)

 

お客様は今まで、

水の入った容器を電子天秤において、

計測したいものを針金で吊って

重量を計測していましたが、計測したい値が0.0001g単位だったため、

手の震えが影響してしまい、計測が困難とのことで、

この部分をシリンダーを使って電動化したいというご希望でした。

 

製作しました。

電子天秤オプションの風防と除振台も、合わせてご依頼いただいたため、

非常に大きくなりました。

オプションの風防が無ければ、もっと小さくなるでしょう。

アルミフレームの為、フレーム周りの重量は軽いです。

 

動作の様子を動画にまとめました。

電子天秤部分

側面から。

降りてくる位置は、秤を動かして調整します。

(高さ位置はシリンダー付近で調整できるようにしました)

パソコンに取り込みたいというご希望にも対応しました。

お客様のご要望通りの装置ができました。

 

なお、このような細かい単位の体積を計測する目的を伺ったところ、

リチウムイオン電池(LIB)向けの、材料の製品開発において、

充放電を繰り返すとガスが発生し、このガス量を測りたいとのことで

探してもなかなかシンプルで良いものが無く、

ご相談に至ったとのことでした。

 

ちょっとしたことではあると思いますが、

どこに相談したらよいのだろう?ということも

お気軽にご相談ください!

 

その他営業ブログ記事:http://kk-eishin.jugem.jp/

エイシンホームページ:http://www.kk-eishin.co.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました