ベルトコンベア

2018/12/26(水)

広報担当の尾山です。

クリスマスも終わり、今年も残すところわずかとなりました。と思ったら、実は書き切れていないブログネタが結構あり、これはこれで書いておかないと休みに入れないぞ!と思い、いくつか連投しようと思います。

以前、社内講習会を実施した際、技術部の方から、今までこんな特注品作ってきました!という紹介を受けました。

今回はその中で、特注ベルトコンベアについて紹介します。
実は今まで、何台も作ってきています。

 
商社部門で仕入れることもできる弊社で、何故、社内製作したのか、技術部長にインタビューしました。

Q,
何故、社内設計をしましたか?
A,
ベルトコンベアは標準規格から外れて特注になると、急に高価になってしまうことがあり、社内設計/納入した案件は、いずれも狭い場所を通したり、Z型だったり、お客様のレイアウトに合わせこんだ提案で、採用いただいています。

Q,
ベルトコンベアってノウハウがあるものじゃないんですか?
さくっと作れるものですか?
A,
やはりノウハウはあります。蛇行防止だったり、こぼれ落ちたものの清掃方法だったり。
かつお節用を設計した時は、桟の取り付け方なども工夫しました。
台数を多く製作しているわけはありませんが、毎回苦労しながらノウハウを蓄積してきました。

かつお節用コンベア

Q,
他にエイシン製コンベアのPRポイントはありますか?
A,
前後の取り合いなど含めて対応可能です。
あるお客様で付着性、凝集性の高い粉体だったため、客先設備から落ちてきた後、2軸スクリューコンベア→ベルトコンベアZ型→マグネット付解砕機まで。
一式の設計、納入をしています。

全体写真

二軸スクリューコンベア

排出口(シフター付)

シフター+マグネット(丸棒に見えるのがマグネット)

ほうほう、なるほど。

要は市販のベルトコンベアで対応が困難なところにメリットのある提案ができそうです。

先ほどのQ&Aで、2軸スクリューコンベアがありました。
次回、スクリューコンベア編、お楽しみに。

 

エイシンホームページ:http://www.kk-eishin.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました