実機の重要性

2017/10/23(月)

岡山営業所の尾山です。

ブログがしばらく空いてしまい申し訳ありません。
ついこの前まで暑かったのに、急に寒くなりました。
秋はどこへ行った?という感じです。

今月2つ、展示会を見てきました。
機械技術要素展と粉体工業展で、いずれもインテックス大阪での開催でした。
機械技術要素展は始めて行きましたが、その中でも工場備品展という枠があり、例えば立ちっぱなしでも疲れにくいマットだったり、台車の自在キャスター用のオートストッパーだったり、静電気を除去できるウエスだったり、こんなものがあるんだと、普段は生産機を主に取り扱っている身としては、大変勉強になりました。

粉体工業展は普段お世話になっているメーカーさんの挨拶周りが主でした。
実はつい最近、岡山営業所に一人、新人営業マンが入社したのですが、ここぞとばかりに、各社さんの製品の説明をしてもらいました。
やはりカタログで説明するのと、実機で説明してもらうのでは、分かり易さもかなり違ったと思います。
実機での説明、という重要性を改めて認識しました。

また、先日ポンプメーカーの兵神装備さんに、お客様とテストに行ってきました。
テストをしている合間に、出来たばかりの展示場を見せてもらいました。
http://www.heishin.jp/news/productsquare.html
言い方は悪いですが、お客様と「金かかってるな~」と回らせていただきました。
それだけ、実演の有効性を認識し、力を入れられていると思いました。

 

エイシンも常設展示場とまではいかなくとも自社製品は、大なり小なりテスト機を用意しています。
興味がある製品がありましたら、是非一度実物をご確認いただければ幸いです。

 

イプロスものづくり
製品紹介ページ:https://www.ipros.jp/company/detail/2035054/category/?hub=58+4419545

コメント

タイトルとURLをコピーしました